目に優しい環境を考える。

近頃、無意味にPCの画面を眺めている時間が長く
そうしていると、やっぱり目が疲れる。

何しろディスプレイってのは自ら光を発している物だから
本を読んでいるのとはまた勝手が違うらしい。

基本的に見やすい範囲で光量を落としたほうがいいらしい。
部屋を薄暗くすれば少ない光量でも見やすくなるとか。

で、光量を落とすとなると、まずはディスプレイをいじるのだけど
これをできる限りやってもまだ結構明るかったりする。

他にいじるところは無いか。

画面の多くを占めるのは
ウィンドウのクライアント領域ではないだろうか。

標準的な設定だと、これらは白い。
一番明るい色だ。
これをいじってやればいいと思った。

「画面のプロパティ」の「デザイン」タブ内の「配色」

ここをいじってやるとその名の通り、配色が変わる。

「ハイコントラスト 黒」

なんかを選ぶと目にいいのかも知れないんだけど、
やってみたら、言いしれぬ不安に襲われたのでやめ。

「プラム (ハイカラー)」

というのにした。

嫌いな色じゃないし、クライアント領域の色も若干暗くなったので
とりあえずこれで。

ブラウザで、クライアント領域の色に頼っているサイトみると
作者の意図しない見た目になるのが難点。
(K3のサイトなおさんと…。)

何かもっといい手、いい配色あったら教えてください。

まぁ、つまり、僕が敬遠しがちな
真っ暗な画面に、白い文字っていう、DOSとかのあれ。
目に優しいのかも知れません…。
PC | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks