矢上祭出店

矢上祭出店。

詳しく書いていきたいのだけど、眠いし、明日もあるしで、
とりあえずメモ程度に。

そもそも矢上祭なんざ来る人も少ないんだから
儲けようなんて無理。出費を以下に抑えるかが大事だ
と言うことでやったわたあめ屋だが
他のお店が普通に数万とか売り上げていてびびった。

うちらは一つ作るのにとても時間がかかってしまい
回転悪いわ、客を逃すわで散々。
お客様にももうしわけなかった。

それでも何とか37売ったが…(社員が派手に買っていたような…)
数千円の赤字。

一日目終了後キャピタリストにあおられ、
明日への作戦会議、実験などを行うことに。

某同僚、社内の僕を含む二人と
その他の二人とでの温度差を指摘。

いや、俺もそんな、やる気無いけどさ、
でも、ちょっとの努力でとれるお客を逃すのはいやだし、
明日もこんなに不甲斐ないのはいやだった。

温度差指摘されときながら、やる、というのは
空気読めないやつという感じでイヤなんだが
みんな、何となくつきあってくれた。
仕方なくだろうか、よく分からないけど、
僕は楽しんでやれたと思っている。
みんなも楽しんでやってくれていたのなら
それほどうれしいことはないなぁ。

さてさて、一日目終わったのでもう19時とか。
これぁ、徹夜の勢いか?

装置を2つに?
あるいはカセットコンロ?
袋に詰めて作り置きとかどうよ?

カセットコンロの導入を試みる
車出して同僚宅に取りに行く。

ザラメの溶ける速度は非常にいいが
解けすぎて焦げだしたり?

火の大きさや回転を始めるタイミング、
火に当て続けるのか否かなど、
様々なパターンを試す。
結果、弱火をずっとあてつつ回し続けるのがよさそう
と言うことになったが
火の径がでかすぎて出た瞬間にお釈迦

小さいコンロをドンキに買いに…。

以上あっさり書いているが、
相当な試行錯誤ありで何ら徹夜。
ドンキに行ったのは深夜もいいところ。

小さいコンロがズバリだった。
ガンガンわたあめが出る。
頭で考えた通りにことが運ぶってのは気持ちいいものだ。

あーんと、
某同僚の彼女さん、昼からずっとつきあってくれてた。
マジ感謝。お疲れ様。

それとは関係なく、というか、その同僚に
僕の接客能力の低さを指摘された…。
はーん。

支離滅裂っぽいが、
以上。
二日目に続く。
うれんのかな?
回転はすさまじく良くなったように思うけど…
(それもまたうまくいくかは、本番になってみないとではある。)

オラ、ワクワクしてきたぞ!

つか、睡眠時間が…。

おやすみー。
Class | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

icons:

Trackbacks